東京農村ブログ

【あかさかたんけん】

こんにちは、スタッフの南部です。 小1の長男が「こんど、がっこうたんけんするんだ~。」と楽しそうに話していました。
家庭科室でも理科室でも、初めて見に行く子供にとってはすべてワクワクするものなんだろうなと思います。

せっかく私も赤坂に来ているんだから、知らない場所に行こう!と、
緑のあるところに来ました。

前から気になっていた日枝神社。
密集するビル群のなかにこんもり緑が見えています。

ほとんどの人が海外からの観光客。
千本鳥居はとくに人気で、朝からプチ渋滞。



想像以上に大きく一周するだけでいい運動になりそうです。

そこから東京農村のビルに帰る途中で美味しそうなお弁当を発見!
旬八青果店のお弁当でした。

http://shunpachi.jp/


つねづね、ランチをワンコインでなんとか抑えられないか(でも弁当をつくるガッツはない)とモヤモヤしていたところに、野菜たっぷりで549円!
魚のフライとタルタルソースがたまらん。美味しくいただきました。
これで、おいしいコーヒー飲みに行っちゃおう。(結局浪費。。。)
いつもとほんの少し違うところにいくだけでいろいろな発見があるんですね。

【赤坂新一年生、よろしくお願いします!】

こんにちは。
4月から一般社団法人MURAのスタッフとして働きはじめました南部道子です。

東京農村のシェアオフィスとシェアキッチンの運営・管理に携わり、主に火曜と木曜の日中在室しています。よろしくお願いします!

東京農村があるここ赤坂見附にはこれまでほとんど縁がなく、このまちではまだまだ新一年生状態。そびえたつビルに圧倒されています。
これからゆっくりと探検していこうと思っています。

一方、私が住んでいる国分寺というまちは、赤坂見附から電車で40分程度のところにありますがいまも畑が残るのどかな場所です。

つい昨日も、帰宅するとアパートのドアの横に土付きのネギがどっさり置いてありました。
ネットでネギ注文したかな?と考えていたら、思い出しました。
大家さんにチャイルドシートを譲ったときに、お礼にネギあげます、と言われていたことを。

うちのアパートの裏には大家さんの畑があって野菜だけでなく果樹もあり、四季折々の風景を楽しめます。ネギまでいただけるとは思いませんでした。

大量の野菜、自分の家だけでは消費できないときは、アパートのご近所さんに配ります。するとご近所さんとも会話が増えて、楽しくなるんです。


さて、この超産直ネギをどうやっていただくか、(どうやったらこどもに食べてもらえるか)がわたしの直近の課題です。

4/16 Tue. バラの力で春の”ゆらぎを”乗りきるワークショップ vol.1

4月16日(火)19時~東京農村4FRoot kitchenにてROSE LABOさんによるワークショップを開催いたします。




国産・農薬不使用の「食べられるバラ」を自社で栽培するROSE LABO。代表取締役社長の田中綾華さんといっしょに「食べられるバラ」の力をワークショップ形式でお伝えします。




春に揺らぎがちな心や肌をバラの力で乗りきるティップスをお伝えしてまいります。




*ROSE LABOのローズティーや食べられるバラをつかったスナックをいただきながらのカジュアルなワークショップです!




*ワークショップ参加お手土産あり

ご自宅でもROSE LABOのバラを楽しんでいただけるアイテムを準備しております




【ワークショップ内容】

・「食べられるバラ」ってどうやって育てているの?

・女性ホルモンとバラの関係性

・ROSE LABO のアイテムをつかった女性にうれしい実践マッサージ

・Q&A

・歓談タイム




【日時】

4月16日(火)

19:00~20:30 (開場:18:50)




【申し込み】

https://roselabo.peatix.com




【会場住所】

ルートキッチン(Root kitchen)

〒107-0052 東京都港区赤坂3-19-1 東京農村 5F




【お問い合わせ】

pr@roselabo.com







【ROSE LABO株式会社】

2015年設立。埼玉県深谷市にある自社農園で農薬を使わず「食べられるバラ」の栽培にのみ特化し、一貫生産体制で運営を行っています。




オンラインショップ: https://www.roselabo.jp/
Face Book :https://www.facebook.com/roselabo.japan/

【第9回root cafe 報告】

こんにちは、rootrootのきのみき鈴木です。

昨日は、「 シウマイってやっぱシウマイ⁈ 」と題して、シュウマイ 潤さんこと、ライターの種藤潤さんにお話しいただきました。
種藤さんから崎陽軒のシウマイが振舞われ、賑やかな会になりました。

「何でシュウマイ」
種藤さんは神奈川県茅ヶ崎市で育ち、小さい頃から崎陽軒のシウマイに親しんでいたそう。そんなシュウマイが当たり前の環境から、仕事で東京に勤務するようになって、東京にはシュウマイがなかなか見当たらないことに驚いたという原体験があったそう。



仕事で食に関する編集やライターの仕事をするようになりますが、記事の取材を重ねても、シュウマイは知らない人がいない料理なのに、地位が低いことが気になります。「兄弟」の餃子にも負け、春巻や新参者の小籠包にも負けている。シュウマイを置いている店は、想像以上に少ないようです。

ところが、シュウマイには、冷めても美味しい、蒸すだけでなく揚げても焼いても美味しい。崎陽軒だけでなく、群馬のコロリンシュウマイ、大阪の551蓬菜などご当地の味もあり、奥深い世界があります。

そこで、お一人でインスタで「シュウマイ生活」というシュウマイの写真を上げて、シュウマイの地位向上に取り組むようになったそう。

「テレビでシュウマイを発信」
シュウマイをインスタで情報発信し始めると、そもそも他に発信する人がいないブルーオーシャン状態なので、シュウマイのことならシュウマイ潤という感じになったよう。
今年の春には、「マツコの知らない世界」のディレクターからのアプローチがあり、出演に至ったそう。

「シュウマイなのか、シウマイなのか?」
シュウマイ、漢字では焼売。崎陽軒さんはシウマイと表記。種藤さんは、シュウマイ。
いろんな呼び方をされても、それを包容する懐の深さがシュウマイにはあるそうです。



「これからのシュウマイ」
最後に、種藤さんから、シュウマイの地位向上に向けてのプランが披露されました。シュウマイ協会の設立から、シュウマイ総合研究所、シュウマイ特急?まで夢は広がります。
特に強調されていたのが、地方オリジナル食材で作る地方ならではのシュウマイ作り。シュウマイの具材、皮など、いろんな食材を入れ込むことができるのがシュウマイの魅力。地方ならではシュウマイ作りで、日本各地の地方創生も豊かになるのではと提案しています。
今回は、遠く長野県佐久からのお客さまもいらっしゃったので、鯉を使ったシュウマイはどうかなど質疑が交わされました。

シュウマイ潤さん、ありがとうございました。
シュウイチ、シュウマイを合言葉に、シュウマイの魅力を広げていきましょう。


 
さ〜て次回のRoot cafeは〜♪

12月26日(水)19時〜
株式会社シフラの皆さんから、野菜の流通のお話しをいただきます。食品流通の現場でどんな変化が起こっているのかなど伺ってみたいですね。
お楽しみに〜

FBのイベントページは準備中です。またアップしますから、参加ボタンを押してくださいね!

日 程:12月26日(水)
時 間:19:00 ~ 20:30くらい
場 所:東京農村 4F Root Office(URL: http://rootroot.jp)

定 員:15名くらい(先着順)

費 用:1,500円(*当日お支払い)

【 第9回 Root Cafe 開催しまーす! 】




Root Cafeとは、農や食をメインテーマにいろいろな方をお招きして、みんなでゆるく楽しみながら話す会です。

●テーマは「シウマイってやっぱシウマイ⁈」

ゲスト
シュウマイ 潤

本名 種藤潤。フリーランス編集者、ライター。現在はオーガニックと食を中心に取材執筆を行う。焼売は2015年頃から着目し、インスタグラム「焼売生活」で全国各地の焼売を実食し発信。2018年9月現在約270種類を制覇した。2018年5月にTBS「マツコの知らない世界」でシュウマイの知らない世界を紹介。8月には「週プレニュース」で崎陽軒社長と対談した。



シウマイってやっぱシウマイ⁈ 意外と知らないシュウマイの奥深い世界。シュウマイのためのシュウマイによるシュウマイの時間。シュウマイをもっと美味しく楽しむためのシュウマイ話を、シュウマイ潤さんにしていただきます。

■詳細
日 程:11月28日(水)
時 間:19:00 ~ 20:30くらい
場 所:東京農村 4F Root Office(URL:http://rootroot.jp)
定 員:15名くらい(先着順)
費 用:1,500円(*当日お支払い)

■タイムスケジュール
19:00~ 参加者の自己紹介
19:15~ ゲストのお話(約30分)
19:45~ 質疑応答
20:00~ 名刺交換・情報交換・交流会4Fにて
ドリンク(お酒/ソフトドリンク)・お菓子付き
21:00~ 東京農村のお店にて飲み会(場所は未定。あくまでも自由参加)

■参加方法:
下記フェイスブックページにて参加ボタンを押すだけで参加できます。
https://www.facebook.com/events/1910850608981618/

ゲストと参加者・参加者同士が交流できるように、当日、参加者には簡単な自己紹介を行なってもらっています。
・お名前
・ご所属(可能な範囲で)
・ひとこと(ゲストから参加者に質問がある場合もあります!)

■場所
〒107-0052 東京都港区赤坂3-19-1 東京農村 4F Root Office

〔 特別協賛:株式会社シフラ 株式会社マイナビ 国分寺中村農園 〕

123次へ